松本平ゼロカーボンコンソーシアムで講演

8/9に信州大学松本キャンパスで松本平ゼロカーボン・コンソーシアム定例フォーラムが開催され、私たちが取り組んでいる高断熱賃貸や非住宅施設の断熱化についてリクエストをいただき講演しました。
オンライン併用開催で多数の企業と行政からの参加がありました。

今回は企業の方中心でしたので非住宅施設学校やオフィスは、既に今ある技術でそれほどのお金をかけることなく脱炭素できます。
別に高価な特殊技術や独自システムを使う必要はありません、エコハウスのように断熱・日射取得・再生エネルギーを搭載するだけです。
換気負荷がエコハウスに比べる多いですが、給湯需要が少ない分むしろエコハウスより楽にカーボンニュートラルにしやすいと考えます。

質疑応答は信州大学工学部 高木直樹教授の司会で補足と解説を頂き、参加された多くの企業と自治体の方々が今の技術と現実的な予算でこうやれば脱炭素建築はできるし、なぜ今までやらなかったのだろう、次はやろうと思っていただける回になったのではと思います。

合同研究会で断熱と高性能木造建築について講演

6/15に信州大学工学部で合同研究会in信州が開催され、高性能木造建築について講演しました。
(主催:信州の快適な住まいを考える会、参加団体:住まいと環境 東北フォーラム、ソトダン21の家、岩手住環境技術研究会、日本バウビオロギー研究会)

これまでの半世紀は情報技術が世界を変えました。いま人類の最大の課題がカーボンニュートラル、社会全体が脱炭素に変革していく中で、注文住宅以外の建物もエコハウスみたいにしましょうという内容です。ITで多くの商売が消滅したように、脱炭素で自動車がEVにとって替わられようとしています。そのすぐあとに建築もでしょう。エコハウスを作れる工務店はリードできるし、してほしいなという内容でプレゼンしました。

翌日は木下建工新本社と六花荘のサイトツアーでこのような話をしました。

日本政府は、2030年に50%削減へ挑戦することを日本のNDC(国が決定する貢献)として宣言し、国連に提出していますが、ここ長野県は日本政府より野心的な2013年比60%削減を目標としています。

世界に目を向けると、カーボンニュートラルへの取組は「仕方なくやらなくてはならない」ことではなく、世界の新たな成長戦略と考えられており、各国がGX(グリーントランスフォーメーション)により、温室効果ガスの排出原因となっている化石燃料などから脱炭素ガスや太陽光・風力発電といった再生可能エネルギーに転換して、経済社会システム全体の変革を目指しています。

世界的な成長企業も積極的に取り組んでいて、Appleは2030年までに製造サプライチェーンや製品ライフサイクルのすべてでカーボンニュートラルを実現すると表明しています。(2020年7月)また世界的な半導体メーカーのTSMCは巨大な半導体工場を熊本県菊陽町に建設中ですが、操業開始の2024年9月から、全電力を再生可能エネルギーで賄う予定です。そのために再エネが潤沢な九州電力管内であることも熊本県に決めた一因とされています。

そうした背景がある一方で非住宅建築には課題が多いです。2050 年には既築・新築平均でゼロカーボンを達成するのが目標ですが、2023年になろうとする現在時点でもそうでない内容で多くの施設が建てられ続けています。

近年の日本人は、簡単に実現できることを目標にしてしまいます。

難しくても、いや困難だからこそ挑戦しないと次のテスラやAppleのような企業は日本から生まれてこないと思います。東海道新幹線、トランジスタラジオ、CVCCエンジンなどを産み出した世代は人類の課題を世界に先駆けて解決し成功してきました。

このまま負け続けるのか、それとも挑戦するのか。どちらのほうがいいプロジェクトや面白い人生になるのか、オーナーを焚きつけ、あるいは自分自身でやって、みんなで明るい未来を作っていこうと話し多くの方に伝わったようです。

佐久穂町で空き家と断熱をテーマに講演

「住まいと教室の『断熱』勉強会」と題し開催された会で、佐久穂町で講演を行いました。4月末のゴールデンウィーク中に大日向小学校保健室で断熱改修DIYワークショップを計画しており、そこに向けて地域の方々に気候変動と断熱を知っていただきたいという趣旨です。

勉強会ではまず東北芸術工科大学の竹内昌義先生より、なぜ断熱が必要なのか、地球温暖化や社会情勢などの背景に始まり、具体的な断熱DIYの手法や事例、長野県内の学校での取り組みなど、網羅的にお話しいただきました。

僕のパートでは、断熱の効果についてと、軽井沢で先日着手したリノベ「作り手たちのアトリエ」を題材に、「どうやってやるのか」「費用と時間がどのくらいかかるのか」を説明。

大日向小学校の関係もあり移住者は多いけれど良質な賃貸はなく、一方で空き家はたくさんあります。空き家の持ち主にはこうすれば放置している建物を活用できる、また家探しをしている人にはこうすれば費用を抑えて性能のいい家を手に入れることができると思ってもらえるような話をしました。

多くの人に身近な話題として聞いていただけたと思います。

質疑応答では、参加された方々から自宅の寒さや改善策について色々質問が出て、非常に活発な時間となりました。地域のみなさんがどなたでも参加しやすいようにと、あえて事前申し込み制にしなかったところ満員、一部の方々にはサテライト会場でオンラインで観ていただくほどとなり、関心の高さがうかがえました。